人間にとって死ぬことより怖いこと

人は死を恐れます。
宗教なども全て死への畏れが根源にあると思う

人間にとって死ぬことより怖いこと

それは孤独だと悟りました。

これは僕の心が弱いだけかも知れませんが

去年、半身麻痺の障害を負って、病院からら初めて自宅に戻ったとき


私は50mほどしか歩けませんでした。

自宅では昼間ソファーに座っていました。

自力でどこかへ行くことができませんでした。

左半身には猛烈な痺れ・・


家内と息子が外出したときでした。

突然強烈な孤独感に襲われました。

自力ではどこにも行けない。。

この孤独感はたぶん味わった人にしか理解できないでしょう。

孤独感のもう1つの原因は、自分が何の役にも立たない人間になってしまったという思いでした。

「放置されている感」というのが正しい表現でしょう。


これは辛かった

心の生き地獄のようでした。

生まれて初めて

死んだほうがマシだ・・と

本当に・本当に、本当に思いました



「無理やり現代医学に生かされているだけ」と言う感じでした。


人間にとって孤独ほど恐ろしいものはありません。

誰ともコミュニケーションが取れない・・これは恐怖です。


喧嘩さえも、、

喧嘩できる喜びであり、生きている実感になります。

孤独は喧嘩さえも許してくれません。

昔の刑務所で狭い独房に長期間入れられると発狂すると聞いたことがあります。

これは本当だと思います。

そんな思いを経験した去年。。


僕は今、本当の意味で「死」が怖くありません。

正直怖いものがなくなっています。

僕は元来遠慮がちな人間でした。

でも今は良い意味でも、悪い意味でも遠慮がなくなりました。

何を言われても怖くないのです。

怒られるよりも、けなされるよりもコミュニケーションが取れない方が怖いのです。

分かるかな?

誰にも分からないだろうな。。この気持ち・・



生き物の脳は外部からの刺激(音・光・匂い・触覚等々あらゆる感覚)を
完全にシャットアウトすると死ぬといいます。


僕は思います。


人間からコミュニケーションを完全にシャットアウトすると、その人間は自殺するでしょう。

それほど人間にとってコミュニケーションは重要なものだと思うのです。