睡眠

脳にとって睡眠は重要なものだ。

実は脳は睡眠中に最も活発に活動しているそうだ。

起きている間に、五感からインプットされた情報を整理し、「自分のもの」にする時間だそうだ。

「できるようになる」ために脳細胞が活発に活動し、脳が再配置される時間だそうだ。

スポーツをやっていた人なら経験があるだろう。

いくらトレーニングしてもできないことがある・そして必死でトレーニングする。

いくらトレーニングしてもできない・・

するとある朝、突然できるようになっている。


そんな経験はないだろうか。前日必死で練習して、その日にはできなかったことが翌朝突然できるようになっている。これは、脳が睡眠中に前日に練習したことを再学習し整理し「自分のもの」にしたのだ。

だから「寝る子は育つ」という言葉は医学的は正しい。
子供のころに塾などの勉強漬けで睡眠不足ににすることは逆効果なのだ。


しかし、今の私には十分な睡眠をとった翌朝はつらい。
麻痺足が動かない。ベッドから立ち上がろうとした瞬間、足の筋緊張が急激に強くなるのだ。
尖足気味になって、足首が曲がらない。痛い!
筋緊張が弱まり、足首が曲がり立てるまでに一時間かかる。

半身麻痺になってこの一年半、毎日こうだ。
朝起きた瞬間から麻痺との闘いである。

脳卒中の後遺症から8年の歳月をかけ、奇跡的に回復したジルボルト・テイラー氏は脳の再生には睡眠が一番重要だと言っていた。彼女の後遺症は言語障害だった。新しく言語を覚えなおし、脳に再整理させるには睡眠は重要なのであろう。

しかし、運動麻痺についてはどうなのであろうか。睡眠すればするほど、運動機能は弱まっていく気がする。脳とは別に手足の筋肉コントロールが弱まってしまう気がする。

難しい・・運動脳の再生・・