待つ

ベストを尽くして天命を待つ・・

この「待つ」というのが難しい

待っている間に何の兆候もないと不安になる。。

そして、諦めがちになる、焦る。

焦りはいけない。私の障害もそうだ。

いつかは、体が、脳が、回復すると信じ続けリハビリを続け待つ。

ときどき待ちきれなくなる
退院してもう一年半になる、地道にリハビリを続けてきたつもりだ。

しかし、回復に兆しさえかんじることができない。
ここで諦めてはいけないんだろう。。
理性ではそう思うようにしているが、これが難しい

もう一生、回復しないのではないだろうかという不安に囚われ始める。

そうなると気持ちが前に向かない。

気持ちが前に向かないとよい考えも出ない。

ビジネスも同じだ。ベストを尽くしたつもりが思うように進んでいるように感じない。

焦る・・

焦ると余計なことをしてしまう。

待つ・・難しいことだな・・

民主党の小沢さんに思う。

今まで、新進党と立ち上げ、いろいろ動いてきたが、すぐ成果は出なかった。

でもヘタに動かず、頑として待つ姿勢を小沢さんには感じる。


良いか悪いかは別にして、あの人にについては自身の信念に
基づき「待つ」姿勢を感じられる


松下幸之助のいった言葉で

失敗したところで終わるから失敗になる、成功するまでやれば成功だ

という言葉を思い出す。目先の失敗に囚われずに努力し続け「待つ」


ということが、今の私には身体的にも、仕事の上でも大切なことなのだろう・・