損傷した脳がときには機能を取り戻すことがある。

脳の機能の代償が起こるためにはいくつかの条件がある。

まず、損傷を受けた脳が発達過程の未熟な脳であること。次に、損傷が大脳半球のどちらかに限られていてしかもも大きいとき、損傷を受けなかった側の大脳半球の機能代償につながる。

大脳半球が反対側の機能を代償できる年齢は、男性で五-六歳、女性では十二-十三歳だという。また、脳に対する環境刺激の効果も女性が高いという。

ある程度年をとったあとの脳損傷は、極めて治りにくいといわれている。たしかに子供の脳に比べてその回復力は非常に遅く、また、回復などまったく望めないように見える場合も多い。

しかし最近の研究では、亡くなった老人の脳のニューロンの突起の広がり具合を見ると、ニューロンの数は減少しているものの、残されたニューロンから出ている突起は、若い人を上回るものも見られるという。また、老人のニューロンに神経栄養因子を与えて培養すると、突起を伸ばしていく様子も観察されている。

これは、脳がたとえ老化しても、残されたニューロンの突起が作るネットワークを豊かにすることで、脳の機能を高めていくことができることを示している。

脳が機能を回復するときにはいくつかのレベルがあるように思われる。まず、眠った回路が呼び覚まされて機能が再生するというメカニズム。これは比較的短時間で起きる。

次に、失われたニューロンの近くのニューロンから発芽が起き、新しいネットワークが作られるというメカニズムである。これには少し時間がかかるが、ニューロン・ネットワークの構造そのものが変わるというダイナミックな現象である。そして、この二つの現象は複雑に絡み合いながら、脳の機能の再生を呼び起こすのである。