一発逆転の発想は心の隙間を生む

人は、苦境に立つと一発逆転を願うものである。

特に起業家の場合、必ずひどく苦しい時期が必ず来る。

金融機関から大きな借入金を背負い、売上が思うように上がらない。

こういうとき人は焦る。一発逆転したいと思う。

ここに心の隙間できる。

詐欺師(本当は詐欺師ではないのだが)はここ付け込んでくる。

ウマい話に心が傾いて、のめり込む。。

世の中そんなにウマい話があるわけがないのである。

地道に人に役立つことを続けていれば世間は必ず評価してくれる。

かといって、営業や広告をするなと言っているわけではない

企業にとって営業活動は最重要課題である。

社長は会社の最大の営業マンである。

自身の信ずるところをアピールし続けるべきである。

ただ、焦りは禁物である。ウマい話には気をつなければいけない。

焦るな、地道な努力に勝るパワーはない。

一発逆転・・苦境が続くと人間であるからこそういう思いに至るのも

致し方ない

しかしこれは煩悩の1つであり、心の隙間を生む危険な心である