焦りは禁物

人間、焦りは禁物である。
焦るということは、自分が思っているスピードより物事の進み具合が遅いということである。
そうすると「目標が達成できないのはないか」という思いに駆られるのが人間である

実は、亀のように目標に着実に近づいているかも知れないにのに、そういう思いに駆られて諦めてしまうことが多々あるものだ。

もう少し冷静に観察してみよう。リハビリも同じだ。

いくらリハビリをしても動くようにならない・・という焦り、これは酷く気持ちを憂鬱にさせてしまう。
実は脳はゆっくりの再構築されているかもしれないのだ。


焦らず、ゆっくり確実に・・

意外とせっかちな自分への戒めに・・