新型コロナは本当にパンデミックなのだろうか?

新型コロナは現在、パンデミック状態だと(マスコミが扇動して?)騒いでいるけれど、本当に「パンデミック」なのだろうか?

冷静にデータを調べてみた。

確かに新型コロナは現在、世界の感染者 210万人超 死者 14万人超となっている。ではインフルエンザどうであろうか?インフルエンザの場合、アメリカでは2020年2月1日までの1週間だけで罹病者数は400万人だという。

また日本では新型コロナは2020年4月17日現在、感染者9167人 死者148人だという。

 

また、アメリ疾病対策センター(CDC)によると、昨年10月1日以降2月1日までの間にアメリカ国内で合計2200万~3100万人がインフルエンザにかかり、来院は1000万~1500万件で入院件数は21万~37万人、死亡者は1万2000~3万人となったと推定しているということです。

インフルエンザはワクチンもあり、予防接種もあるではないかとは軽く見過ごされがちだが、それにも関わらずCDCによるとアメリカでは例年1万2000~5万6000人がインフルエンザで死亡するとしているということです。

また、2017年〜2018年シーズンは悪夢のようなインフルエンザ流行に襲われ、何と6万1000人もの死者が出たというのです!

次に日本だが、インフルエンザで亡くなる人は、2016年は1463人で2017年が2569人で更に2018年3325人だそうです。

https://president.jp/mwimgs/1/8/670/img_187f31ea6ed9204811f2d54f3b6742e9838256.jpg

https://president.jp/mwimgs/5/6/670/img_56bca011f05d98951646f0ee4289067a96506.jpg

ここで数字だけを比較してみよう

 

アメリカ】

★新型コロナ        :感染者数:67万5243人        死者数:3万4562人
2019年~2020年

★インフルエンザ
2017年〜2018年  :感染者数:2200~3100万人 死者数:6万1000人

 

【日本】

★新型コロナ        :感染者数:9167人        死者数:148人
2019年~2020年

★インフルエンザ
:感染者数:10,44万8,891人 死者数:3325人
2018年~2019 年

これらのデータを単純に死者数だけを比較すると・・・

アメリカ】

新型コロナ 死者数(3万4562人) vs インフルエンザ死者数(6万1000人)

【日本】

新型コロナ 死者数(9167人) vs インフルエンザ死者数(148人)

ということです。

確かに新型コロナはその名の通り、新種のウィルであり、まだワクチンも無い

しかし、インフルエンザは既知のウィルスであり、ワクチンも存在する。

にもかかわらず近年のインフルエンザの感染者数は新型コロナの感染者数も死者数も

新型コロナよりも遙かに上回る数である。

この数字で新型コロナはパンデミック状態だと言えるのだろうか?

少なくとも、自分は不思議な感じを抱いている

マスコミが連日のように逐一感染者数や死者数を報道すると

パンデミック状態になる(する?)と感じる自分の感覚がおかしいのだろうか?